私は今日も。

朝の五時。世の忙しい社会人たちが目覚め始め主婦は忙しく朝食やお弁当を作り始める時刻。そんな爽やかな朝の今、私は絶賛「どうしたら朝型の生活に戻せるか」を考えながら今日も淡々と夜を明かしたところである。

正直、十段階で七くらいの眠さがあるが、寝れない。もはや一ヶ月近く朝に寝て昼に起きるサイクルで生活しているため戻すのはかなり難しい。五時や六時に寝てから、二時間か三時間で鳴り響く目覚ましを横目に泣く泣く目を覚ますがその眠気に勝てず結局止め、再び寝落ち目が覚めたら昼というオチ。母に多大なる迷惑をかけている気しかしないというか、もはや毎日怒られているがそう言われても私だってどうやって戻せばいいのか最早検討もつかないのである。早く寝ようにも寝れないし無理矢理寝るなんてことはなかなかできない。今日だって気づけばこの時間だ。

朝に寝ているためかストレスか、自律神経がおかしくなったらしくここのところ毎日調子が悪い。目覚めは気持ち悪く、一日中頭も痛いうえに体がだるい。この明らかな不調のせいで、勉強も全く進まず計画は今頃終わってなければならない分の十分の一も進んでいなかった。日々募るのは、焦り、不安、恐怖、絶望…果てしない苦しみと体調の悪さとストレスに自己嫌悪が合わさりもうそれは地獄である。後悔しかできない日々にさよならすらできない。

嗚呼。もうどうでもいいから、ヴェネツィアやパリのような美しい街でのんびり仕事をしながら狭い部屋で気ままに暮らしたい。こんなに切羽詰まった、時間が早送りのように過ぎる競争社会でもがくのは疲れた。私にはどうやら向いてないらしい。何かを間違えてしまったようだ。もっと穏やかに生きたかったのだけれど現実はそうもいかない。私は今日も何かと成し遂げなければならない。いや、毎日何もしていないのだけど。だから正しくは、今日こそ何かを成し遂げたいというところだ。私は若い。人生はこれからだ。どうにかめげずに頑張れ私。今を生きろ。楽しい日々を。

C'est la vie!