叱咤激励

12時に起き、何もせず一日を過ごし部屋を散らかし、グダグダと弱音ばかり吐く世界に閉じこもって現実を避け逃げあきらめ甘えてる空間。馬鹿馬鹿しい。こんな生活のどこに何があるんだ。何もない。真っ白でもないお先真っ暗の灰色な毎日からいい加減抜け出してくれ。僕が僕に対して甘すぎる。何かと辛いと言い続けて永遠に逃げるつもりのようだから今の強気な自分のうちに弱い僕には死んでもらうしかない。僕には申し訳ないがくっだらない思考回路を今すぐ修正し、生活におけるエラーを全部修復しなければいけない。このままでは腐ってしまう。欠陥がありすぎる。生きたいなら生活をしろ。生命を毎日浪費するんじゃなくて、意味を持って生きてくれ。目を背ければ解決するのは一時の気分であって、それさえも向き合ってないが故にあとあと苦しめられるんだ。僕がこんなにも弱いのは何故なんだ。生まれたときから確かに飽き性ではあるし、一個の物事をまともにこなしたことはないが、だから仕方がないでは済まされない事態なのだ。ここで失敗したらモラトリアムも続けられなければ、人生路頭に迷うしかない。いつまでも遊んでる気分で居たらだめなんだ。ほめて伸びるとかの次元じゃないから。馬鹿が馬鹿なりにでも足掻かないと何も始まりもしない。落ちる一方だ。

もっと客観的に見直して、自分を壊していかなければならない。ダラダラとするのは良いことではないし個性なんて問題でもない。冷静になって頭を冷やして自分じゃなくて自分の行動に焦点を当てるんだ。自分のことを考えて悩んだり苦しむのは今は意味がない。それは単なる時間の浪費であってそんなことしてる暇があったら思考停止して仕事を少しでも片付けろ。息を吸って頭を使って回りのことなんて無視すればいい。周りの進歩だとか、どれだけでなければならないとか、そんなことはどうでもいい。今の僕が僕に必要なことに意識を向けてそのために苦しめ。苦しむために生きているといったのは僕じゃないか。ならば苦しんで見せろ。何が何でも足掻け、諦めるなよ。根性論なんかじゃない。僕は僕を愛しているから生きてほしいんだ。幸せになってほしい。頼むよ。目を覚ましてくれ。絶対に裏切ったりしないから。これだけは裏切らないものだから。人間じゃないんだ、期待してもよい後悔はしない、プラスしかないんだ。人間に飽き飽きしてるんだろう?少し有意義なことをすればよいさ。信じてくれるのも信じられるのも自分だけだ。仕事は裏切らない。僕を支えてくれるものになる。このまま地を這って生きたいか?僕はそんなことはない。こんな僕にでもプライドはあるんだ。こんなところでは死ねない。僕は好きなことのためにやることをやるだけでやりたいことを楽しむだけだ。怖がらないで、世界に飛び込め。