生きているだけですごい。

めちゃくちゃ世間的成功者の語る希死念慮ってなんだとおもいます?

いや、まあ生きていればどんな成功者でもつらいことはあると思いますよ。でも成功しているだけいいじゃないですか。さも、こちら側の絶望を理解しているみたいに語り掛けてくれちゃいますけど多分、多分ですけど全然レベルが違くないですかね。「死にたい」の一言をとってもすごい幅があると思うんですよー。本当に死ぬしかないような人に笑いながら「ああ、うん。わかるわかる。私もいつも死にたいよ笑。」的なテンションで話しかけられても、それ絶対煽ってますよねってことです。

他人の批判はともかく、最近はしにたいはしにたいですがだいぶ明るい病み方になってきましたね。「今日も目が覚めてしまったかー。頑張りたくはないなあ。まあ明日明日。明日だめなら来世来世。寝よう!」みたいな感じになってます。頑張りたくないんですよ。二十歳の若者が何をぬるいことを言っているんだと叩かれそうですが、頑張りたくないものは仕方なくないですか。頑張ったって報われる保証もなく、どんなに地位を高めたりお金を手にしても結局いつかは死ぬので。無駄じゃないですか。何もなくなるために頑張るんですか。いやですよそんなの。できるだけ楽して、楽がだめなら死んでもいいくらいの勢いで生きたいですね。生き急ぐくらいなら死に急いでいきますよ。

まあそんなこと言っても「生きていれば楽しいこともあるさ」とか言い出す人がいそうなんで言っておきますけど、楽しいことって何ですか。そんな一瞬の娯楽のためにあとの八割九割の苦しみを耐えるんですか。だいたい生きていたって楽しいことほとんどないですよ。朝は起きるのが辛くて、ご飯食べるのが面倒で、着替えはだるくて、わざわざ外に出て人に文句を言われながら関わって働いて、お金を作って、帰ればまた家の人に文句を言われる。極度の人間不信なので恋人は生理的に作れませんし、家族でさえも信用はできず誰にも頼れませんからストレスはたまるしかなく。こんな人生の何が楽しいんですかね。まったく理解できませんよ。唯一の楽しみは疲れた時に飲むアルコールだけ。アルコールは何でも忘れられるので好きですけどそれも記憶ごと飛ぶので楽しくはないですね。ほら、結局何もないじゃないですか。

布団でごろごろして生きてるだけですごいって言われたいんですよ!生きてるんですよ。すごいじゃないですか。こんな何の意味もない人生を生まれてしまったが故に強制的に生きなきゃいけないのに、ちゃんとまだ生命をつないでいるんですよ!?褒められていいですよこれは。生きている全ての人類の皆さんすごいんですって。だからもっとゆるくいきませんか。適当に食べて飲んで息していたくないですか。頑張るのはやめましょうよ。疲れたくないです。

はあ、現実逃避ですけどね。